コンテンポラリーアート

Prototype Conference Room - Liam Gillick プロトタイプ カンファレンスルーム−リアム・ゲリック

イギリス ロンドン, 2009

最近拡張されたロンドンのホワイトチャペルギャラリーは、2009年に公開されました。一流のベルギー人建築家ロブレヒト・エン・ダムによってデザインされたそれはヨーロッパで最も刺激的な新しい文化的会場の一つです。 コンセプチュアル・アーティスト、リアム・ギリックはホワイトチャペルのジルカ・オーディトリアムのためにデザインした座席プロジェクト‘プロトタイプ・カンファレンスルーム’で、様々なクヴァドラ社テキスタイルを使用しました。

back to art