コンテンポラリーアート

Stille Teater − キアスティン・レプストフ

デンマーク コペンハーゲン, 2008

Stille teaterは、着席した観客が役者ではなくコラージュ作品で占められたステージと向き合う進行型の演劇的展示です。流れの中で作品は劇的な照明と舞台効果と相まって物語に出発点をもたらします。 劇そのものはイメージとスペースの2つの声の対話から成り立っています。片方のイメージの声は、現実的で合理的である種の結合を維持することに専念しています。もう片方のスペースは抽象的な話をして、すべてを宙に漂わせ、触れることなく見るに任せようとします。

back to art