コンテンポラリーアート

Transition – AVPD トランジション−AVPD

デンマーク コペンハーゲン, 2013

トランジションはコンテンポラリーアート エージェンシーAVPDによってつくられた空間認識を探求するインタラクティブ展示です。天井から吊された4枚の薄い半透明の黒いトレビラCSカーテンが、カーブしたレールを前後に動き、空間をダイナミックな仕切ります。 もともとクヴァドラ社のコペンハーゲン・ショールームに設置されていたこの展示は、近くにいる人の動きをセンサーで感知すると起動します。これによりカーテンがレールに沿ってすべり、空間の中に仕切りを作ります。特筆すべきは、それがカーテンの繊細かつ力強い存在感で見る者を圧倒しながら、一方で配慮された動きをすることです。

詳細を表示する

back to art