コンテンポラリーアート

On False Tears and Outsourcing – Cally Spooner

New York, 2016

今春、イギリス人アーティスト Cally Spooner はニューヨークの New Museum にて発表されるパフォーマンス作品「On False Tears and Outsourcing」の一環として Kvadrat の Soft Cells を用いています。本パフォーマンス兼インスタレーションは美術館内のロビーギャラリーに用いられた新たな建築的要素と、ラグビー選手と映画監督からの訓練を受けたダンサー集団によって構成されています。ダンサー達は Spooner の「密接に関係しながらも、個々の存在としての激しさを表現する」という、一見矛盾とも言える振り付けに基づいてパフォーマンスを展開します。

ロビーギャラリーと New Museum のロビーとを隔てる長いガラス壁が本作の中心的な要素となっています。また、周囲の環境音をはじめ、ギャラリー奥の壁を柔らかい白色の音響パネルで覆うことで21メール長の Soft Cells の壁を作り、二つの空間の対比を強調しています。

本作は Kvadrat とパリの Lafayette Anticipation –
Fondation d’entreprise Galeries Lafayette とのコラボレーションにより制作されました。

映像はこちら
back to art