コンテンポラリーアート

Infinite Ear WITHIN – Tarek Atoui

ノルウェー、ベルゲン, 2016

レバノン人サウンド•アーティスト Tarek Atoui は自身の最新のプロジェクトを通じて聴覚の多様性について探求しています。Atoui はこの作品で「聞こえない」という状態がサウンド•パフォーマンスの空間や実演に関する私たちの理解にいかに広がりを与えることができるかを問いかけています。

Bergen Assembly では Council との合同企画「Infinite Ear by Council」とTarek Atoui の「WITHIN」シリーズからの最新作を発表する展覧会が開催されました。

本展に向けて9つの新しい楽器が考案され、楽器制作者、スピーカーデザイナー、ソフトウェアエンジニア、演奏家、聴覚障害者や健常者の学生、ボランティアとのワークショップやコラボレーションを通じてそれらの演奏の実現が可能となりました。

Tarek Atoui と共同し、Kvadrat Soft Cells は Soft Cells のパネルを再設計して33のタッチセンシティブテキスタイルパネルを用いたタッチサンプラー「FELT」を制作しました。テキスタイルの表面には独特のテクスチャーやパターンを有しており、器具は様々なコンピュータソフトや音源に接続することができます。

back to art