コンテンポラリーアート

Textures of Life – Joana Vasconcelos

Århus, Denmark, 2016

デンマーク、オーフスのARoSで開催中の個展「Textures of Life」にてポルトガル人アーティスト Joana Vasconcelos は Kvadrat のテキスタイルを2,100mもの長さを使用したインスタレーション作品「ValkyrieRán」を発表しています。549の色やデザインからなる本作は50メートルにもおよび、美術館のメインホール全体をはじめ、8階分の高さの吹き抜けをまるで蛇行するかのように展開します。

インスタレーション•アーティストとして活動する Joana Vasconcelos の作品の主要なテーマとなっているのが、社会的および政治的現象としての女性性です。彼女は日常的なオブジェクトをはじめ、タイル、陶磁、布、刺繍、鍵編みといったポルトガルの伝統工芸をモチーフとしています。鮮やかに炸裂する色彩と伝統的な素材との融合による作品の数々は、日常的な習慣に焦点を当てながら、それらを新たな視点で追究しています。

「ValkyrieRán」はこの度ARoS美術館の常設コレクションに加わりました。「Texture of Life」展は ARoS Aarhus Kunstmuseum にて2016年10月14日から2017年2月19日まで開催されています。
back to art