コンテンポラリーアート

Anywhen – Philippe Parreno

イギリス、ロンドン, 2016

世界的アーティストPhilippe Parreno による光と音の絶え間ない変化をモチーフとした作品「Anywhen」が英ロンドンのテート•モダンにて発表されます。

「Hyundai Commission 2016: Philippe Parreno」の一環として、Kvadrat Soft Cells とのサイト•スペシフィックな作品の制作に携わりました。

Kvadrat Soft Cells とのコラボレーションを通じ、Parreno は 美術館内の Turbine Hall にて19個の音響スクリーンからなるインスタレーションを考案しました。ホールの天井から吊るされたスクリーンは特別な技術を用いた動力装置により、上下運動を繰り返します。Soft Cell のパネルは本企画の趣旨に応えるべく再設計され、インスタレーションの一部を成す3つの16m x 2.5mの Soft Cells パネルは本作のために特別に制作され、会場にて組み立てられました。
back to art