Back to designers
Norway Says

Norway Saysノルウェー・セイズ                                           もともとは共同体であったノルウェー・セイズは、より国際的なアプローチを導入していた若いノルウェー人デザイナー達による拡大する運動のリーダーでした。彼らは、2002年の商業スタジオになりました。主に家具デザイン中心ですが、彼らの作品はテキスタイル、電子機器、照明そして食器類を含みます。彼らのクライアントはクラシコンやムートのような国際的なブランドだけでなくLKヒエレのような伝統的なノルウェーブランドも含みます。2009年、スタジオはアンデルセン&ヴォルとアンドレアス・エンゲスヴィックの2つの法人に分かれました。