広州オペラハウス

中国 広州

プロジェクト:高名な建築事務所、ザハ・ハディド・アーキテクツは広州オペラハウスのホール座席用にクヴァドラ社のテキスタイルを選びました。最高水準のテクノロジーとデザインの粋を集め、多くの記録に残されたこの建物には、公共建造物の機能を2つに区分するユニークな‘ふたつの巨礫’が重なった構造になっており、オペラホールとレストラン、バーと店舗に別れています。 ソリューション:オペラホールの1,800座席はカスタムメイドの赤で、トレビラCSバージョンのカバが使用されています。多目的ホールの椅子は、グロス2が使用されています。

back to project references