Frits Philips コンサートホール

オランダ アイントホーフェン

プロジェクト:建築家ヴァン・アイクとヴァン・デル・ルブは、アイントホーフェンのフリッツ・フィリップス・コンサート・ホール(フリッツ・フィリップスミュージック センター)の座席用にクヴァドラ社テキスタイルハリンダル65を選びました。 ヴァン・アイクとヴァン・デル・ルブによる再設計後、フリット・フィリップス・コンサート・ホールは2010年に再オープンしました。ヨーロッパのトップミュージックホールの1つとされ、ジャズ、ポップス、ワールド、クラッシックを含む多種多様な音楽パフォーマンスを主催しています。 ヴァン・アイクとヴァン・デル・ルブは、巨大ガラスの正面、ロビー、家具、陶器など細部までプロジェクトのためにデザインしました。その際、インテリアのあらゆる面が慎重に考慮されました。たとえば、パフォーマーを悩ませる空席の問題を解決するために、すべての座席にわずかに異なる色が使われています。これによってステージからは人のように見えます。 ソリューション:コンサートホールの全席に、色とりどりのハリンダル65が使われており、合計2,000メートル使用されました。ロビーのシートとプーフには、ペルラとハリンダル65の異なる色合いが使われました。プロジェクトのために建築家たちが特別に開発した他の全製品と共に、この座席はミラノで‘M-コレクション’として展示されています。

back to project references