Re-woolがWallpaper* Design Awards 2019の再利用部門にて受賞

再生ウールを45%使用したRe-woolは、サスティナブルで上質な家具用テキスタイルです。イギリスにあるKvadratの紡糸工場から出る一部のスクラップを再利用して作られ、Margrethe Odgaardがデザインを担当しました。

Re-wool は、落ち着いた色の生地に鮮やかなステッチを施した深みのある色が特長です。近くで見ると再生糸のニュアンスあるディテールと、表面の立体的な質感が浮かび上がり、家具に使用することでダイナミックな動きを生み出します。
デザイン、デザイナーについてはこちらをご覧ください