意外な素材

Revive は私たちの日常にありふれたペットボトルという原料によって作られたテキスタイルです。

ペットボトルからポリエステル糸を作る技術は、最も効率的かつ万能なリサイクル方法としてますます採用されつつあります。ペットボトルは洗浄しにくいため、当初の用途で再利用されることは滅多になく、新たな用途が見つからなければ、埋立処分されます。ポリエステル糸は有力な新用途であり、Kvadrat は革新的なテキスタイルReviveの素材として採用しています。Kvadrat が使用しているのは2009年に開発され、アメリカの企業 Unifi が製造する REPREVE という糸です。糸づくりの工程はシンプルです。使用済みペットボトルを刻み、粉にし、溶かしたものをフレーク状に形成します。この段階で難燃性の化学物質が加えられます。ポリエステルチップを作り、加熱し、糸状に形成すことで染色や織りが可能な100%リサイクル糸が完成します。Revive は美しさ、耐久性、触感に優れた家具用ファブリックとして、この種の最新式糸の代表的製品です。

再生廃棄物から作られたテキスタイルは埋立の減少、従来の合成素材の製造にかかるエネルギーの保存や、天然の糸の製造に使用されるリソースの保存など、地球環境に大きなインパクトを与える可能性を秘めています。廃棄ペットボトルの機能的かつ有効な活用方法を紹介します。