Pixel Forest – Pipilotti Rist
この秋、ニューヨークの New Museum では スイス人アーティスト Pipilotti Rist の制作活動の全貌を振り返る大規模な回顧展「Pipilotti Rist:Pixel Forest」が開催されます。本展では「Open My Glade」を始めとした代表的なビデオ作品やマ
Textures of Life – Joana Vasconcelos
デンマーク、オーフスのARoSで開催中の個展「Textures of Life」にてポルトガル人アーティスト Joana Vasconcelos は Kvadrat のテキスタイルを2,100mもの長さを使用したインスタレーション作品「ValkyrieRán」を発表しています。549の
Anywhen – Philippe Parreno
世界的アーティストPhilippe Parreno による光と音の絶え間ない変化をモチーフとした作品「Anywhen」が英ロンドンのテート•モダンにて発表されます。「Hyundai Commission 2016: Philippe Parreno」の一環として、Kvadrat Soft Cells とのサイ
Infinite Ear WITHIN – Tarek Atoui
レバノン人サウンド•アーティスト Tarek Atoui は自身の最新のプロジェクトを通じて聴覚の多様性について探求しています。Atoui はこの作品で「聞こえない」という状態がサウンド•パフォーマンスの空間や実演に関す
To the Son of Man Who Ate the Scroll – Goshka Macuga
ポーランド人アーティスト Goshka Macuga による展覧会「To the Son of Man Who Ate the Scroll」が2016年2月4日から6月19日までミラノの Fondazione Prada で開催されます。 本展にて展示される作品「Negotiation Sites」の題名は具体美術協会のメン
On False Tears and Outsourcing – Cally Spooner
今春、イギリス人アーティスト Cally Spooner はニューヨークの New Museum にて発表されるパフォーマンス作品「On False Tears and Outsourcing」の一環として Kvadrat の Soft Cells を用いています。本パフォーマンス兼インスタレーションは
The Chalet
「The Chalet」はコンセプチュアル•アーティストの Piero Golia と建築家の Edwin Chan によって2015年に制作された 「総合芸術作品」です。 ロサンゼルス内にある以前倉庫として使用されていた空間は、約14ヶ月間「コミュニテ
Hypothesis – Philippe Parreno
ミラノの北東、ビコッカ地区にある現代アート美術館 HangarBicocca では、フランス人アーティスト Philippe Parreno のイタリア初となる展覧会「Hypothesis」が開催されます。Andrea Lissoni がキュレーターを務めた本展では Parreno の代
Servitudes – Jesper Just
Kvadrat は、フランスのパリで開催されるインスタレーションアーチスト Jesper Just の「Servitudes」展をサポートしています。このインタレーションには、230 メートルのカーテン用テキスタイル Zulu が衝立や間仕切り用のカーテ
998.9 - Shilpa Gupta
998.9 は、現在では 3,400 Km に及ぶインドとバングラデシュ国境の鉄条網を表現しています。シュンドルボンからティーンマスに広がるこの鉄条網はテロや密輸の防止を目的としてインドにより作られたものですが、気候変動
I scream Daddio - Sarah Lucas
アーチスト Sarah Lucas は、英国パビリオンでの大規模な個展「I Scream Daddio」により、第 56 回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展で英国を代表するアーチストです。 広く名の知られたイギリスの現代芸術の最先端に位置
Bilderbuchwerkstatt – Olafur Eliasson
Olafur Eliasson は、ベルリン芸術大学に新設されたスペースに小学生用のコラボレーションと教育を目的とした部屋を創造しました。 この大学で教鞭をとったこともあるこのアーチストは、景観、森林、実験的な場所としてこ
Pass – AVPD
AVDP が Zulu を素材に使用した半透明カーテンで構成された空間インスタレーション「Pass」を制作しました。インスタレーションはコペンハーゲンのデン・フリー現代美術館での展示物「Beyond Reach」の一部として誕生しました
Transition – AVPD トランジション−AVPD
トランジションはコンテンポラリーアート エージェンシーAVPDによってつくられた空間認識を探求するインタラクティブ展示です。天井から吊された4枚の薄い半透明の黒いトレビラCSカーテンが、カーブしたレールを前後に
Stille Teater − キアスティン・レプストフ
Stille teaterは、着席した観客が役者ではなくコラージュ作品で占められたステージと向き合う進行型の演劇的展示です。流れの中で作品は劇的な照明と舞台効果と相まって物語に出発点をもたらします。 劇そのものはイメー
Your glacial expectation – Günther Vogt and Olafur Eliasson  ユア・グレイシャル・エクスペクテーションズ−グンター・フォークトとオラファー・エリアソン
エーベルトフトにあるクヴァドラ本社の周囲景観は建築家グンター・フォークトとアーティストのオラファー・エリアソンによってデザインされます。2人は2008年以降このプロジェクトでコラボレーションしてきました。
See what you've made me do - Miriam Bäckström あなたが私にさせた事を見てください−ミリアム・ベクストラム
クヴァドラ社のパリ・ショールーム向けに、スウェーデン生まれのアーティスト、ミリアム・ベクストラムが‘あなたが私にさせた事を見てください’と題した常設の展示を創りました。この8つの重なり合う長方形の
Prototype Conference Room - Liam Gillick プロトタイプ カンファレンスルーム−リアム・ゲリック
最近拡張されたロンドンのホワイトチャペルギャラリーは、2009年に公開されました。一流のベルギー人建築家ロブレヒト・エン・ダムによってデザインされたそれはヨーロッパで最も刺激的な新しい文化的会場の一つです
Reddress - Aamu Song レッドドレス−アーム・ソング
レッドドレス・プロジェクトは有名な韓国人デザイナーのアーム・ソングとデンマークのルイジアナ近代美術館、そしてクヴァドラ社とのユニークなコラボレーションでした。それは大きくアイコン的な赤いドレスで、ルイ
Yes But - Rosemarie Trockel イエス バット − ローズマリー・トロッケル
2006年、ケルンのルートヴィヒ美術館で有名なコンテンポラリー・アーティスト、ローズマリー・トロッケルの作品回顧展が開催されました。その展示会の一部として、トロッケルはクヴァドラ社から提供された原毛で作っ
Nationalgalerie - Thomas Demand ナショナル・ギャラリー − トーマス・デマンド
評価の高いドイツ人アーティスト、トーマス・デマンドのドイツ初の総合的な個展が2009年にベルリンの新ナショナル・ギャラリーで開催されました。‘ナショナル・ギャラリー’と題されたこの個展で重点が置かれた
Serpentine Gallery Pavilion - Olafur Eliasson & Kjetil Thorsen サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン−オラファー・エリアソン&シェーティル・トーセン
2007年、ロンドンのサーペンタイン・ギャラリー・パビリオンが、建築事務所スノヘッタから国際的に定評のあるデンマーク/アイスランドのアーティスト、オラファー・エリアソンとノルウェーの建築家シェーティル・ト
Saal - Thomas Demand サール − トーマス・デマンド
高名な国際的アーティスト、トーマス・デマンドはフランクフルトのシュテーデル美術館のメッツラー・ホールでサイト特設の作品をつくるために、クヴァドラ社のソフト セルズ音響パネルを使用しました。‘サール’(
Tuch and Bogen - Roman Signer タック・アンド・ボーゲン − ローマン・シグナー 
クヴァドラ社がスイス人アーティスト、ローマン・シグナーにクヴァドラ社テキスタイルを使ったサイト特設のアートの作成を依頼すると、彼は驚くべき2つの時限芸術、‘タック’と‘ボーゲン’に取り組みま