Sarah Lucas

Sarah Lucas(1962年イギリス、ロンドン生まれ)はワーキング・メンズ・カレッジ(1982年~1983年)、ロンドン・カレッジ・オブ・プリンティング(1983年~1984年)、ゴールドスミス・カレッジ(1984年~1987年)で学びました。独創的なグループ展「Freeze」(1988年)の後、個展「Penis Nailed to a Board」(イギリス、ロンドン、1992年)、「The Whole Joke」(イギリス、ロンドン、1992年)を開催。1993年には、Tracey Eminとのコラボレーションで「The Shop」(イギリス、ロンドン)をオープンしました。

以来、ニューヨーク近代美術館(1993年)、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(オランダ、ロッテルダム、1996年)、ポルティクス(ドイツ、フランクフルト、1996年)、フロイト博物館(イギリス、ロンドン、2000年)、In-A-Gadda-Da-Vida(Angus Fairhurst と Damien Hirst と共同/ イギリス、テート・ブリテン、2004年)など、世界各国の主要な美術館で作品を展示してきました。近年では、LUCAS BOSCH GELATIN、 Kunsthalle Krems(オーストリア)、NUZ:Spirit of Ewe(2011年)、Two Rooms(ニュージーランド、オークランド、2011年)、Museo Diego Rivera Anahuacalli(メキシコ、メキシコシティ、2012年/ 百科事典「TITTIPUISSIDAD」に Julian Simmons による写真とともに収められています)、彼女の彫刻作品を紹介した大規模な展示会 Ordinary Things(ヘンリー・モンロー研究所、アメリカ、リード、2012年)はじめ、国際的なレジデンシーや展示会に参加しています。2012年から2013年にかけて、彼女の作品を専門に展示するSITUATION( Sadie Coles HQ内 )で展示会を8回開催。2012年には、彼女の精力的な活動を紹介する書籍「After 2005 – Before 2012」が出版されました。また、大規模な回顧展「SITUATION Absolute Beach Man Rubble」(イギリス、ロンドン、2013年) 、さらに ヴェネチア(2013年~2014年)およびグラスゴー(2014年)での彼女の作品Secession の研究の展示を行いました。