ビオホテル・ウェラタル

ドイツ、ハン・ミュンデン


Wiederverwandt Architecture and Design, Cologne




プロジェクト


ドイツのハン・ミュンデンにあるビオホテル・ウェラタルは、建築とデザインの会社Wiederverwandtによってリニューアルされました。このホテルでは木材、粘土、レザー、天然素材のテキスタイルなど、地球にやさしい素材が全面的に使用され、自然で心地よい雰囲気をかもし出しています。

また、80席のレストランでは、持続可能な壁暖房システムを設置し、冬には暖かく夏には快適な温度に保っています。このホテルの、環境資源の尊重とサステイナビリティへの取り組みは、料理にも反映され、エコレストランでは、オーガニックで旬で新鮮な農産物を食材に用いています。




ソリューション


レストランとフロントエリアのテキスタイルはすべ て、Kvadratの製品です。椅子と背もたれのクッショ ンにはPlot、Memory、Remix、フロントとバーの壁面パネルにはCanvas、レストランのカーテンにはAirとPlotが、それぞれ使用されています。ファブリックの色彩は、使用エリアにマッチしたものが用いられています。




「私たちがKvadratのテキスタイルを選んだのは、彼らがクオリティとサステイナビリティを重要視しているからです。色彩と質感は、私たちのプランニング上、重要なポイントを占めています。使用した壁の色や、持続可能な天然素材はバラエティに富んだもので、ファブリックとも見事に調和しました。Kvadrat の幅広い選択肢が、私たちの選んだ素材と申し分なくマッチしたことにより、創造の自由が大幅に与えられました。」Wibke Schaeffer and Moritz Zielke, Co-founders at Wiederverwandt Architecture and Design

製品

Canvas 2

764

Memory 2

453

Remix 2

873

Air 4

913