エルプフィルハーモニー・ハンブルグ

ドイツ、ハンブルク
Herzog & de Meuron, Studio Besau Maguerre and Architect Daniel Schöning


プロジェクト


エルプフィルハーモニー・ハンブルクはガラスのファサードと波のような屋根があり、Herzog & de Meuronによって設計されました。歴史的なSandtorhafen位置するウォーターサイドの建物には、2つの音響的に優れたコンサートホール、ホテル、住宅のアパートメントがあります。Herzog & de Meuronは2,100人を収容する、Grand Hallのインテリアコンセプトも作り出しました。これは建築の重要性に焦点をあてています。そうする事で、Studio Besau Maguerre とDaniel Schöning によって設計されたElbiの他のインテリア空間を補います。エルプフィルハーモニー・ハンブルクの家具は建物内の他のデザイン要素と調和しています。Eva MarguerreとMarcel Besauはそれらをホワイトは脱色とし、これは建物がパフォーマンスから撤退しないこと、およびその材料が前景に置かれることを保証する。


ソリューション


Ginger 2、 Tonica、 Coda 2 、 Hallingdal 65はエルプフィルハーモニー・ハンブルクの様々なエリアに使用しています。ホールの椅子はPoltrona FrauによってデザインされBaselを使用しています。

「私たちは、エルプフィルハーモニー・ハンブルクの家具の中心的なアイデアを実現するためのファブリックを探していました。ファブリックは、白または変色していなければならず、洗練されたソフトからラフで堅実なものまで、さまざまな触覚的で視覚的な表現を提供しなければなりませんでした。多彩で繊細なバランスの取れたコレクションは、これらのすべての要件を満たしていました。」Studio Besau Maguerre


製品

Hallingdal 65

227

Coda 2

762

Basel

187

Tonica 2

132

Ginger 2

201