Erste Bank Campus

オーストリア、ウィーン


Henke architects (architecture), Kinzo (interior design)

プロジェクト

Erste Campusは2016年よりErste Groupの本社として利用されています。かつてSüdbahnhof駅だった場所に建てられ、ウィーンにいるErste Groupの全社員が、この本社で働いています。Henke Architectsが手がけた曲線的な建築は、開放感と透明感が特徴的な都市景観を作り出しています。これは、居心地のよさと自然とのふれあいを感じさせる雰囲気作りをイメージした、プロジェクトのコンセプトを反映したものです。
Erste Campusは4つの棟で構成されています。これらの棟は、構造変化を伴わずに業務プロセスやビジネスエリアを変更できるよう遡及的に適合できるものとなっています。さらに、建物群全体を通してバリアフリー設計となっています。Erste Campusは、DGNB(持続可能な建築確認)システムに基づく複合ビルの認証の一部として、Austrian Society for Sustainable Real Estate(ÖGNI)の監査を受けており、DGNB Goldと呼ばれる最高レベルの認証を取得しました。


ソリューション


インテリアデザイナーのKinzoは、このプロジェクト用にCanvas、Hallingdal 65、Alloy、Remix、Divina Melange、Memoryを採用しました。テキスタイルはワークスペースの家具、デスクパネル、ランプシェードに使われ、ソフトで立体感のある外面を生み出しています。さらに、公共のスペースや社員食堂のベンチ、チェア、およびラウンジ家具にも使用されています。全てあわせると、およそ8,000メートルのKvadratテキスタイルが使用されています。

Products

Hallingdal 65

944

Divina Melange 2

280

Canvas 2

644

Memory 2

673

Remix 2

373

Alloy

Peat 0008