Novartis Campus, Asklepios 8

スイス、バーゼル


Herzog & de Meuron architects


プロジェクト


Novartisは国際的なヘルスケア企業です。この会社のAsklepios 8オフィスタワーは建築家Herzog & de MeuronとNovartis Business Services unitが協力して建設したものです。Novartis Campusの中にあるこのタワーからは、バーゼルのライン川を見渡すことができます。高層ビルというよりはむしろ高い建物と言えるAsklepios 8は、ほぼ同じ高さのキューブ型複層建築物2棟が互いに積み重なって構成されています。これらの間には、さまざまな活動やイベントのための天井が高いオープンスペースがあり、広々としたラウンジが備えられています。
軽やかさと透明感が特徴的なインテリアは、クリエイティブな協力関係をサポートします。 建物全体に使われている壁は文字などを書き込めるようになっていて、アイデアの視覚化や共有がしやすい一方、会話を促すために音響条件も最適化されています。建物の外には、核となるテーマの水を反映したアート作品が展示されています。たとえば、アーティストKatarina Fritschによる明るいグリーンの貝殻が、建物の白く高さのある基礎部分に埋め込まれています。その近く、川べりの公園と大学のキャンパスが交わる場所には、Olafur Eliassonの作品で「Oscillation Bench」と名づけられた噴水の彫刻があります。


ソリューション


天井から床まで届くカーテンは、Time 300を使用し現場で縫製されました。家具はCampasとSteelcutで布張りしています。特注の色で仕上げたSoft Cells Broadlineパネルを、全フロアで100室ある会議室の壁と床に設置しています。

製品

Steelcut 2

435

Time 300

643

Campas 3

570