Vidar 3

1062

通常のループサイズのブークレ糸で織りあげられた Vidar には、深く、密で、ざらざらした感触があります。このため、目を引くような椅子張りでの用途に特に適したファブリックです。元々 Fanny Aronsen によってデザインされた Vidar は、Raf Simons が、さわやかな翡翠色、ラズベリーピンク、アヤメ色からレンガ色、土色、中間色までのさまざまな陰影を使用して配色し直すことで新しく生まれ変わりました。

やさしい風合いのサテンの表面仕上げは、深い色に多面的な豊かさを与えるその奥の深い陰影とコントラストをなしています。このコレクション内の他のブークレ織りのファブリックにある不均一さを感じさせない織りの細かいファブリックである Vidar は、ブラックベリー、オレンジの皮、お気に入りのセーターのさわり心地のよさを思い出させるような抗し難い魅力を持っています。